「お花畑教のプチ・グル」が商工中金の取締役に

金融庁地域金融企画室の初代室長・日下智晴が、優雅な天下りのイスをせしめた舞台裏。

2022年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「日本の地域金融改革の要として活躍した経験を有しており、地域金融のプロフェッショナル」――。これは、商工中金が6月の株主招集通知に記した、ある取締役候補の選任理由だ。社外取に選ばれたのは、金融庁地域金融企画室の初代室長を務めた日下智晴氏。同氏がかかる選任理由に値する逸材なのか、甚だ疑問と言わざるを得ない。日下氏は、本誌既報の通り金融庁内で「お花畑教」と揶揄される勢力の中核とされる。この勢力は、グル(教祖)の金融庁元長官・遠藤俊英氏と、同氏を崇める一部の現役幹部が結託し、共同通信の橋本卓典編集委員の「捨てられる銀行」シリーズを「経典」とする「地銀にたかる利権集団」と、金融庁内にも顔を背ける向きがある。「地域や地銀再生の答えは我々だけが知っている」などと地銀関係者に説いて回り、著作や講演活動で荒稼ぎするからだ。日下氏は、グルに次ぐ「プチ・グル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。