限界露呈「トヨタ生産方式」

友山氏の復活は単なる「お友達人事」ではない。「有事」で露呈した構造的な問題を解決できるかが問われている。

2022年8月号 BUSINESS [サプライヤーに「大甘対応」の真相]

  • はてなブックマークに追加

「今回の参議院選挙の結果は、新型コロナウイルス対策や、ウクライナ情勢の影響による資源・物価高への対応など国民生活に影響を与える課題が山積する中、岸田総理による安定した政権運営に対する国民からの期待の表れだと思います」「新しい資本主義計画の実行にあたり、基幹産業である自動車を『ペースメーカー』として頼りにしていただきたいと考えております」

東洋経済の記者にブチ切れ

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は7月11日、参議院選挙で自民党が圧勝したことを受けてコメントを出した。豊田氏が岸田政権を高く評価していることが窺える内容だ。選挙期間中の6月17日には岸田総理が豊田市にあるトヨタ本社を訪問、元町工場の製造ラインを見学した。「カーボンニュートラルにはEVだけではなく様々な選択肢があることを理解していただいた」と豊田氏はトヨタ番記者たちにうれしそうに語ったという ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。