「ツイッター買収破棄」マスク流奇術の本性露わ

何とも瑣末な「いちゃもん」で雲散霧消。ビジョナリーとしての神通力に陰りも。

2022年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

買収をめぐり米ツイッターに揺さぶりをかけ続けていた起業家イーロン・マスク氏が、遂に4月に合意した買収の破棄を通告した。偽アカウントの推計値を検証するためのデータを求めたのに対し、ツイッターが部分的にしか対応せず契約に違反したと問題視。「言論の自由」を主題とした巨大SNSの買収狂騒曲は、奇術師マスク氏一流の脱出劇で雲散霧消することになりそうだ。「私に対する最悪の批判もツイッター上に残してほしい。それが言論の自由というものだから」。買収に際し、マスク氏が掲げたのが「言論の自由」だ。このレトリックは、米国内のイデオロギー対立と密接に関わっている。2016年の米大統領選では、大方の予想を覆し、共和党候補のトランプ氏が勝利した。しかし、その後、ロシアの情報機関がツイッター、フェイスブック、ユーチューブを駆使して、トランプ氏に有利になるような情報工作を展開 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。