NTTドコモが売却に走る通販子会社が物議

「オークローンマーケティングが 厄介な問題を抱えていることは 社内でも殆んど知られていない」(ドコモ関係者)

2022年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

NTTドコモが子会社、通信販売大手の「オークローンマーケティング」(名古屋市東区、ローチ・ロバート・ウォルター社長)の売却に動いている。既にみずほ証券をファイナンシャル・アドバイザーに選び、買い手側と交渉を進めている。実現すれば数百億円規模のM&Aになりそうだが、「オークローンが厄介な経営リスクを抱えていることは、ドコモ社内でもほとんど知られていない」と打ち明ける(ドコモ関係者)。オークローンは、1993年に米国人のロバート・W・ローチと中村氏が共同創業。BSやローカル局で放送されるテレビショッピング番組「ショップジャパン」を製作し、調査会社によると2021年3月期の売上高655億円、当期純利益37億円を上げた。オリジナル商品に特色があり、2004年に発売した「ビリーズブートキャンプ」のDVD販売が150万部を突破する社会現象となった。近年は寝具「トゥルースリーパー」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。