岸田VS安倍・菅「深まる亀裂」

財政再建や防衛費をめぐる攻防により、党内には深い亀裂が幾重にも。参院選後には内閣改造を控え、日銀総裁人事も本格化する

2022年7月号 POLITICS [永田町の「暗闘」]

  • はてなブックマークに追加

2021年夏に猛威を振るった新型コロナウイルス「デルタ株」が、もし1カ月早く収束していたらどうなっていただろうか。内閣支持率と新型コロナ感染者数は逆相関関係にある。東京五輪パラリンピックの盛り上がりと相まって、3割台にまで低迷していた内閣支持率は8月上旬には回復基調に転じたはずだ。そうなると自民党で「菅降ろし」は起きず、首相(当時)の菅義偉は党総裁に再選されて首相続投を決め、秋の衆院選で少なくとも自民、公明両党で過半数を得ただろう。11月初旬、日本には4800万人分の新型コロナ用ワクチンの在庫があった。ワクチンを新型コロナ対策の要と位置づける菅義偉ならば、変異した「オミクロン株」による第6波に備え、医療関係者に対する3回目のブースト接種を加速させるよう大号令を出したに違いない。夏と同様に1日100万人の接種を実現していれば、年内に高齢者のブースト接種はほ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。