スクープ ! 元文科次官・土屋定之が広島県公立大理事長をクビになった真相

2022年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

元文部科学事務次官で駐ペルー大使も務めた土屋定之氏(69)が、天下った故郷の広島県の公立大学法人の理事長を今年4月に突然辞職した。昨年4月の就任から1年足らず、2025年3月末まで任期を3年近く残し、4月末という中途半端な時期での退職。「健康上の理由」と発表されたが実際の理由は「パワハラ」だったという。いったい何があったのか——。広島県公立大学法人は傘下に2つの大学を持つ。100年以上の歴史を持つ県立広島大学と、昨年4月に開学した叡啓大学だ。叡啓大はグローバル人材の育成を目的とした大学で、湯崎英彦知事の肝いりで設立された。これを機に大学法人を改組し、新設の理事長ポストに広島県が招聘したのが土屋氏だった。複数の候補者の中から、広島県ゆかりの文科省大物OBということで、最終的に湯崎知事が人選した。許認可、各種補助金の配分など、文科省や大学行政との太いパイプが期 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。