教員免許不要 ! 文科省「緊急通知」の衝撃

「学力不問」で「頭数優先」の現状を追認。白旗掲げた文科省。誰でも教員になれる時代が到来。日本の子どもはどうなるのか。

2022年7月号 LIFE [文科省が「白旗」]

  • はてなブックマークに追加

この春、各地の学校で新学年が始まってまもない頃、思わず目を見張る緊急通知が各都道府県・指定都市の教育委員会を駆け巡った。出どころは文部科学省。なんと「教員免許状を持っていない人を教員として受け入れて」というのだ。「誰でもいいから教員にして」――。乱暴に言い換えれば、そうなる。歴史を紐解くまでもなく公教育は国の活力の源泉であり、その質は教員が左右する。だからこそ、文科省は教員の「質向上」に注力してきたはずだ。近年、全国的に教員不足が続いているのは周知の事実だが、員数合わせを優先し質の担保に白旗を掲げた形の今回の通知は、関係者に大きな衝撃を与えた。それは、日本のどんな未来を予言するのか。

全国で計2065人も教員が足りない

問題の緊急通知(4月20日)の冒頭には、「教師不足への対応のため、特別免許状・臨時免許状の活用などを依頼するものです」と大書されていた。今年1月に公表された文 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。