特別寄稿/フィンランド・スウェーデン加盟 /「NATO戦略」はどう変わるか/2等海佐 後瀉桂太郎

2022年7月号 POLITICS [欧州「核同盟」の行方]

  • はてなブックマークに追加

ロシアによるウクライナ侵略開始からすでに3カ月が経過した。ウクライナの首都キーウ占領、ゼレンスキー政権転覆といったロシア側の当初作戦目標は達成できず、東部ドンバス地方の制圧についてもめどは立っていない。むしろフィンランドとスウェーデンが北大西洋条約機構(NATO)加盟を申請するなど、プーチン露大統領の目論見とは逆の状況が生まれつつある。フィンランドとスウェーデンにとり、ロシアに対するバランシングは国家存続の根幹に関わる。歴史的経緯から、両国はNATO加盟あるいは米国など大国との軍事同盟ではなく、中立という立場によってロシアとの関係悪化を回避してきた。スウェーデンが中立政策を変更するのは実に200有余年ぶり、ナポレオン戦争における「対仏大同盟」以来の大変革、ということになる。ロシア海軍唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ」や戦略原潜などを擁する北海艦 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。