追跡第10弾 幹部医師が一斉退社 寒すぎる「亀田病院」

働き盛りの医者がいなくなり、お年寄りの医師を搔き集めた「黄昏」病院になってしまった。

2022年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

医師、看護師らの大量退職という異常事態が続く亀田医療グループ(職員約5千人、拠点は千葉県鴨川市)で、亀田隆明理事長による更なる独裁強化が止まらない。隆明は、自分と子供たちによるグループ支配の邪魔になる幹部を次々に解任してきた。その舞台装置に使ってきたのは、隆明親子が牛耳る医療法人「鉄蕉会」の社員総会(株主総会)だった。

破滅に向かって突き進む?

通常、病院や診療所の管理者(理事、院長)の解任は、医療法人の理事会の決定事項だが、隆明は理事会に諮らず、社員総会で理事、院長の弟2人(亀田信介、省吾)を解任した。事実上のクーデターだった。理事長である隆明自身が、理事会のガバナンスを崩壊させた解任劇は強い批判を浴びたが、隆明親子には反省のかけらもなく、今年6月1日には、社員総会の権限強化を目的に、医療法人の決裁規定を変更。院長の選任と解任を社員総会の決定事項とする規定を新た ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。