マツダ「暴走機関車」副社長が失脚

COOが突如退任。EV時代にエンジンに拘り、提携先のトヨタを毛嫌いしたことがアダ。

2022年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

マツダの藤原清志副社長兼COO(最高執行責任者)が今年6月24日開催の株主総会で突如退任することが決まった。

毛籠氏がクーデター首謀?

藤原氏は昨年6月にCOOに就いてイノベーション、カーボンニュートラル、協業・新事業統括を担当して経営の幅広い領域を見てきた。マツダでは来年社長交代が見込まれ、社内では丸本明社長兼CEO(最高経営責任者)の後任として有力と見る向きもあったが、突然の退任の背景には「クーデター」があると言われている。藤原氏の退任が発表されたのは5月25日。一身上の都合により、自ら退任を申し出たという。マツダは例年5月10日過ぎに株主総会後の役員人事を発表するが、それが10日以上も遅れた。経営上層部で人事を巡ってもめていたようで、複数の役員が結託して藤原氏の追い出しに成功した。そのクーデターを首謀したのが広報、渉外、管理領域統括の毛籠(もろ)勝弘取締役専務執行役員と見られ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。