「地銀の救世主」SBI北尾の化けの皮

傘下に収めた「じもとHD」やきらやか銀行の外債「含み損」が膨れ上がり、見るも無残な有り様。

2022年7月号 BUSINESS [じもとHD「含み損地獄」]

  • はてなブックマークに追加

「公的資金を返さないのは泥棒と一緒」。昨年10月、新生銀行に仕掛けた同意なきTOB(株式公開買い付け)を巡って、この発言が新聞紙面を賑わせたのは記憶に新しい。そう、声の主はSBIホールディングス(HD)の北尾吉孝社長。4カ月にわたる攻防の末、昨年12月に新生銀行を子会社化してSBIHDの傘下に収め、SBIが資本業務提携を結んで地銀の経営再建を図る「地銀連合構想」でも、5月12日に発表した大光銀行で8グループ(個別行ベースで9行)に達し、完成形の10行提携をほぼ整えた。マスコミはこぞって「地銀の救世主」のごとく北尾社長を囃し立ててきたが、遂にその化けの皮が剥がれようとしている。年明け以降、米国の金利が急激に上昇したことで、利回りの低い既存の外国債券(外債)の価格が下がり、有価証券運用で多額の「含み損」を抱える銀行が増えているのだが、とりわけ目立つのがSBIと資本業務提 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。