自民党「参院選東京選挙区」情勢調査が判明/朝日がトップ、追う蓮舫/組織固めた山添、竹谷/食い下がる生稲/滑り込む山本

号外速報(6月09日 11:40)

2022年6月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

参院選の公示を直前に控えた中で、全国最激戦区の東京選挙区(定数6)をめぐる自民党の情勢調査の結果が判明した。自民党の朝日健太郎氏(46)が業界団体などの組織票を生かして先頭を走り、過去2回にわたってトップ当選を果たした立憲民主党の蓮舫氏(54)が追い上げる展開を見せている。これに党内組織票を固めた共産党の山添拓氏(37)と公明党の竹谷とし子氏(52)の2人が続き、自民党の生稲晃子氏(54)も両者に割って入ろうと食い下がっている状況だ。そして最後の議席争いは、知名度が高いれいわ新撰組の山本太郎氏(47)が日本維新の会の海老沢由紀氏(48)をわずかながらリードしており、立憲民主2人目の松尾明弘氏(47)は出遅れが目立っている。

無所属候補の出馬で大混戦

今回の参院選は、選挙戦の行方を左右する全国32の1人区で自民が優位に立ち、圧勝予想が強まっている。5月の前回調査に比べても自民の支持 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。