言語道断!「セクハラ衆院議長」/「弱い立場」の党職員や女性記者を狙う卑劣/参院選前に交代説も

号外速報(5月23日 06:45)

2022年6月号 DEEP [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

通常国会の会期末まで1カ月を切るなか、永田町で前代未聞のスキャンダルが飛び出した。細田博之衆院議長(78)のセクハラ疑惑だ。「歳費を毎月100万円しかもらっていない」などと、これまでも問題発言が目立っていた細田氏。本誌は報じられた「セクハラ発言」にとどまらない、「三権の長」の破廉恥な行状に関する情報を入手した。

連立を組む公明党も「本人が説明を」

5月19日発売の週刊『文春』は、細田氏が過去に複数の女性記者に「今から自宅に来ないか?」と深夜に誘ったり、「彼氏いるの?」と尋ねたりするセクハラ発言を繰り返していたと報じた。この報道を受け、立憲民主党や日本維新の会など野党は一斉に反発。野党にとどまらず、自民党と連立を組む公明党も「本人が説明を」と求めるなど永田町で波紋を呼んでいる。本誌が入手した情報によると、実は細田氏の問題行動はこうしたセクハラ「発言」の域を超えているという。まず細 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。