「メガ地銀」しずぎんが塗り替える東海勢力図

有力取引先を巡って「愛知・中京連合」 VS 「静岡・名古屋アライアンス」のガチンコが始まる。

2022年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

全国屈指の規模と業績を誇る「しずぎん」こと静岡銀行(柴田久頭取)は、2022年4月名古屋銀行(藤原一朗頭取)と、包括業務提携「静岡・名古屋アライアンス」を発表した。静岡銀行は20年10月に山梨中央銀行と包括業務提携「静岡・山梨アライアンス」を締結しており、隣接他県とのアライアンス戦略の第2弾となる。独立志向が強く孤高な静岡銀行がいよいよ攻勢に転じ始めたのだ。

地銀最大級のグループへ

今回のアライアンスは、両行の経営の独立性及び固有の企業ブランド・顧客基盤の維持が前提であるものの、相互に株式を持ち合うとしている。なお、静岡銀は、22年10月に持ち株会社を設立予定である。経営統合に関しては各行ともに否定しているものの、将来的に、静岡銀行に加え、山梨中央銀行や名古屋銀行が新設持ち株会社の傘下に入れば、総資産24兆円超え(21年末)の地銀最大級の巨大グループが誕生することになる。「静 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。