新社長は傀儡! 「澤田帝国」が完成したNTT

代表権の付いた会長に就任するが、本当は「会長兼CEO」を狙っていたようだ。

2022年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

NTTが4年ぶりに社長交代する。副社長の島田明が社長に昇格するが、会長に就任する現社長、澤田純には代表権が付く。島田体制は澤田の傀儡政権にすぎず、実態は何も変わらない。

万博までは一線に立つ

NTT社長の在任期間は5~6年というのが相場。前社長だった鵜浦(うのうら)博夫の在任期間は6年だった。しかし澤田は「会長に就くばかりでなく、CEO(最高経営責任者)職の兼務を目指していた」とNTT関係者は今回の人事の裏側を明かす。欧米企業では会長がCEOを兼務し、社長がCOO(最高執行責任者)を兼ねるケースが多い。「澤田はそれに倣おうとした。成長戦略など島田に任せる気は微塵もない」(同)。なぜか。「澤田はどれだけ長くてもあと2年で社長は退かないといけない。しかし会長に就任すれば2期4年は続けられると考えた」(前出関係者)澤田が注力する次世代通信規格「6G」向けの光通信技術「IOWN(アイオン)」。NT ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。