老害の極み! 日本電産「永守帝国」の誤算

日産から招いた関氏が降格。もっとも永守氏の側近が慰留したことで復活の芽は残った。これまでとは何かが違う。

2022年6月号 BUSINESS [老いが招く株価急落]

  • はてなブックマークに追加

日本電産は4月21日付の役員人事で、日産自動車からヘッドハントした関潤社長兼CEO(61)をCOO(最高執行責任者)に降格させ、創業者の永守重信会長(77)がCEO(最高経営責任者)に復帰する人事を発表した。降格の理由は、「満足できる業績ではなく、残念な株価になっている」(永守氏)というもの。昨年6月からCEOに就任して経営全般を見てきた関氏が「執行責任」を負わされることになった。降格人事と同時に発表された2022年3月期決算は、売上高が前年同期比18.5%増の1兆9182億円、営業利益が7.2%増の1715億円、純利益も12.2%増の1369億円となり、コロナ禍や半導体不足の中にありながら、いずれも過去最高を更新した。しかし永守氏が満足できない点は、大きく二つあると見られる。まずは10月の中間決算発表時に営業利益予想を100億円上方修正して1900億円としたのが、未達になった点だ。営業利益率 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。