英モノ言う株主シルチェスターが「お宝地銀3行」を強襲

業を煮やしたシルチェスターが岩手、滋賀、中国の地銀3行に大規模な増配を求める株主提案。

2022年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

6月の株主総会シーズンが間近に迫るなか、例年になく慌ただしい業界がある。地方銀行だ。地銀の株主総会と言えば、同業や地元企業などとの株式の持ち合いによって「シャンシャン総会」で終わる代表格だったはず。それがいつになく動揺しているのは、穏健派のアクティビスト(モノ言う株主)として知られる英投資ファンドのシルチェスターが、地銀3行に対して大規模な増配を求める株主提案を行っているからだ。株主提案を受けたのは、岩手銀行、滋賀銀行、中国銀行。提案した内容は、「各行が保有する株式の受取配当金の全額」と「それ以外の純利益の50%」を配当に充てるよう求めるもの。さらに、低位にとどまるROE(自己資本利益率)を改善するため、50%の株主還元も求めている。50%の株主還元は銀行業界の最高水準といえ、シルチェスターが株式を保有するコンコルディア・フィナンシャルグループ(F ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。