美術品資産1千億円 「伊勢彦信」の妄執

自分のカネと会社のカネが不分明な「どんぶり勘定」のなかで生まれた世界有数のコレクター。

2022年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「エッグ・キング」と呼ばれ、国内鶏卵市場の1割を握り、世界の美術品収集家にその名を知られた伊勢彦信は、これまでの92年の人生でどれだけの富を築いたのか――。イセ食品グループは、200
0年3月、約50行の金融機関にリスケ(返済条件の変更)を要請。その際、金融機関が最も気にしたのは、オーナーである伊勢とグループ会社との貸し借り及びその資産状況だった。そのため弁護士事務所が調査に入り、20年7月にまとめた報告書によると、資産関係は以下のようなものだった。▽不動産は地元・富山県高岡市の家屋敷と東京の高層マンションその他で約5億円。▽有価証券はイセ食品グループと再生エネルギー関連会社、アート関連会社などへの出資を合わせて約26億円。▽現預金、投資信託、関連企業などへの貸付金を合わせて約22億円。▽美術品が約130億円。伊勢は、鶏の育種・改良事業に数々の足跡を残した父・多一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。