「4回目接種」を急ぐ根拠なし/上昌広 医療ガバナンス研究所

日本のコロナ対策が異様なのは、厚労省や専門家が「季節性因子」を頑なに認めないこと。欧米の議論とかけ離れている。

2022年5月号 LIFE [「超過死亡数」が突出]

  • はてなブックマークに追加

4月6日、新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染拡大を受けて、厚労省のアドバイザリーボードは「リバウンドの可能性も懸念される」との見解をまとめた。さらに、4月8日には、コロナ感染症対策分科会が「急激な感染拡大が生じ、深刻な医療逼迫につながる可能性もある」という文章を盛り込んだ提言を出した。私は、このような主張に違和感を抱く。私が引っかかるのは「リバウンド」という文言だ。この言葉は、一般的に「はねかえること(広辞苑第6版)」を指す。ただ、医学的文脈で使われる時には、「治療や投薬をやめたあとに、急激に症状が悪化すること(同上)」を意味する。専門家は、まん延防止措置を解除したために、感染者が再増加に転じたと考えていることが分かる。マスコミも、この主張に賛同している。4月1日~7日の一週間の間に主要全国5紙(朝日、読売、毎日、産経、日本経済新聞)は「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。