31歳のデジタル変革担当大臣 プーチンの足元を掬った「フェドロフ」

2022年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2022年の今、ロシアと戦っているのはウクライナだが、日本も120年近く前、この北の大国と戦火を交えたことがある。日露戦争だ。明治維新で生まれたばかりの日本が、無我夢中でロシアと戦う様を描いた司馬遼太郎の名著『坂の上の雲』。そのあとがきに司馬はこう記している。「軍事学的な基準よりも、素人の国際ジャーナリズムが一戦局ごとに日本の勝ちを宣伝し、素早く世界中に宣伝してロンドンの金融街だけでなく、ペテルブルグの宮廷までにそれを信じさせたのである」「極端にいえば満州の陸戦における行司役はタイムズとロイター通信であった」出来立ての国民国家であった日本にとって、喫緊の課題は資金調達であったと司馬は指摘する。武器や戦艦を売ってくれる、国債を引き受けてくれる諸外国の存在がなければ、大国ロシアとの戦争は継続できなかった。そこで日本政府が力を入れたのが英米に対する ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。