「検察共和国になるのか」 尹韓国新大統領の前途

コアの支持層に「左派政権への鉄槌」を求める声。「文政権の清算こそ尹大統領の歴史的使命だ」

2022年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

5月の政権交代を前に、早くも「去り行く政権」への捜査が始まったようだ。「この事件を口実に文在寅大統領を調べるつもりではないか」。左派系の与党「共に民主党」幹部はラジオに出演し警戒感をにじませた。韓国検察は3月下旬、産業通商資源省と傘下8機関を家宅捜索した。文政権初期、任期が残る傘下機関トップらに政権幹部が圧力をかけて辞めさせたとの「職権乱用」容疑で保守系野党(現「国民の力」)が告発したのを受けての捜査だ。

ご祝儀相場もなく不人気

告発から3年、捜査が急に動きだしたのはなぜか。3月9日の大統領選で「国民の力」尹錫悦候補が当選、5年ぶりの政権奪還を受け、新政権発足後の幹部人事を意識した検察幹部が次期大統領の心中を推し量ったとの見方が強い。同様の告発は他官庁でもあり、捜査は拡大しそうだ。「検察共和国になるのか」と書く韓国紙も。確かに近年の大統領で尹氏の検察掌握は最強かもし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。