ニッケル暴騰! EV電池に地殻変動

ニッケルフリー、コバルトフリーの「リン酸鉄(LFP)」系のリチウムイオン電池がEV搭載の主流に。

2022年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3月8日午前6時(日本時間午後3時)過ぎ、電気自動車(EV)・蓄電池業界を激震が襲った。ロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場がトン当たり10万ドルを突破したのである。ニッケルはクロムなどとの合金材料で、最後はステンレス鋼や耐熱鋼となる。用途の70%はステンレス鋼が占めるが、最近はリチウム、コバルトと並ぶリチウムイオン電池の主原料という側面がクローズアップされており、EV業界は戦慄した。モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏は「ニッケル高騰でEV1台の価格が1000ドル高くなる可能性がある」(2022年3月15日付ウォール・ストリート・ジャーナル電子版)と警告した。ニッケル相場は過去10年間、1万~2万ドルで推移していたが3月7日に高騰が始まり、8日午前5時42分に7万ドル超と史上最高値を更新、さらに18分間で3万ドル上乗せした。24時間余りで250%も急騰し、LM ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。