成仏しない「財界モンスター」三村明夫

日商会頭の座を三菱商事の小林健氏に譲った後、次は何を目指すのか。周囲ははらはらしながら見守っている。

2022年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本商工会議所は、三村明夫会頭(日本製鉄名誉会長、81)が今年11月に退任する人事を内定した。財界活動に並々ならぬ意欲を燃やしてきた三村氏は、関係者の間で「財界モンスター」との異名を持ち、日商会頭を異例の3期9年にわたって務め、後任に三菱商事の小林健相談役(73)を選んだ。

会頭禅譲は就任時の「密約」

当初は経団連会長を目指した三村氏だったが、それが適わないとなると、一転して日商会頭に執念を見せた。そこで競り合ったのが三菱商事の小島順彦元会長(80)だ。財界関係者は「三村氏は小島氏に『自分の後任は三菱商事から選出する』と約束し、会頭職をもぎ取った」と証言する。そんな財界モンスターが日商会頭を退任した後、次は何を目指すのか。本人はなお意気軒昂だけに、周囲はその動向をはらはらしながら見守っている。経営者としての三村氏の手腕は折り紙付きだ。新日鉄社長時代の2006年には当時、世界で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。