進駐軍で崩壊寸前「NTTドコモ」

NTTによる完全子会社化、グループ再編で恨み節が続出。恐ろしいほど進む士気低下。

2022年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

NTTの完全子会社になったNTTドコモは7月に組織再編を実施、新ドコモとして船出をするが、それを前に内部がぐらついている。「ドコモ進駐軍」の評判の悪さが原因だ。

無くなるドコモ文化

「同僚と会って話すのは、ほとんど会社の現状に対する愚痴ばかり」。中堅社員は最近の社内状況をそう嘆く。ドコモは傘下にNTTコミュニケーションズやNTTコムウェアなどを抱える。7月の再編はこれら子会社の組織のガラガラポンも含まれている。その目玉がドコモの法人事業部とNTTコムの法人事業部の統合だが、前出の中堅社員によると、それぞれにぶら下がる子会社の統合を巡ってひと悶着があった。ドコモ傘下の子会社は本社の法人事業を支援するという立場で、主にコスト削減などに貢献する役割を担う。一方のNTTコムの子会社はそれぞれが顧客を抱えているので、事業の収益責任を負わされている。形式上は同じ子会社でも実態は全く違う ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。