これで何人目?セブン&アイ「商品開発本部長」の受難

井阪社長のマイクロマネジメントがグループ運営の停滞を招き、その実力に疑問符がつき始めている。

2022年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「これで何人目なんだ」3月上旬、有力食品メーカーの間で、一気に駆け巡ったニュースがある。部下から報告を受けた首脳が発した言葉なのだが、正確には、「犠牲者は。」が続く。ビジネスの世界ではあまり見聞きすることのない言葉だ。震源地はセブン‐イレブン・ジャパン。グループの成長を牽引してきたPB(プライベートブランド)のセブンプレミアムの開発の陣頭指揮を執ってきた高橋広隆氏が「秘かに同社を去ったのではないか」という噂が駆け巡ったのだった。高橋氏といえば大ヒットとなった100円コーヒー「セブンカフェ」を手掛け、その手腕が高く評価されてメディアにも頻繁に登場していた。そんな高橋氏だが昨年1月、取締役執行役員商品本部長の重責からQC・物流管理本部長に異動し、3月にはサステナビリティ推進室長にも就いた。セブンイレブンOBによると「華の商品本部長を張った人物が就く役職 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。