総スカン!「平野KKR」の化けの皮

「マレリの株主責任」には頬っ被りで金融界から総スカン。資本市場の規律を蔑ろにした因果応報。

2022年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「新スポンサーに(米投資ファンドの)KKRが候補として上がるのは如何なものか。株主責任・経営責任が曖昧になるのではないか」――。1兆3000億円超の債務整理を図るために「事業再生ADR」を適用申請したマレリホールディングス。同社が3月7日に開いた第1回債権者集会は、弁護士が申請に関する手続きの説明を終え、質疑応答の段になると会場の様子は一変した。無言で座っていた取引金融機関の担当者らから、株主のKKRに対する不満が噴出したのである。別の金融機関の担当者は「KKRは経営責任や、既存エクイティ投資の毀損をどう考えているのか」と詰め寄った。ところが、KKRからはジャパン代表の平野博文はおろか、誰一人出席しておらず、マレリのアドバイザーを務めるPwCの担当者が「我々はKKRのアドバイザーではない」と開き直る有様だった。

メガが水面下で逆襲

前号〈マレリ破綻の「A級戦犯」〉で詳述した通り、KKRはマ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。