文科省が優柔不断の首相に噛みついた!

普段はおとなしい文科省が牙を剥く。「聞く力」が売りの首相が舐められ始めているのだ。

2022年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

政府は3月1日、新型コロナウイルスの水際対策の緩和に踏み切った。ビジネスや留学目的などの外国人の新規入国を約3カ月ぶりに認めたほか、1日当たりの入国者数の上限も引き上げた。国内外からの「鎖国」批判にさらされた末に決断した岸田文雄首相だが、今回は普段は吠えない文部科学省に突き上げを食らうなど、水面下で相当な攻撃を受けていた。「このまま国を閉ざしていては、日本は世界の留学生からそっぽを向かれてしまいますよ!」2021年冬、ある文科省幹部が首相官邸関係者に噛みついた。同年11月に政府は水際対策の厳格化を表明し、外国人の新規入国を原則止めていた。オミクロン型の流入を防ぐためだ。日本の水際措置は海外に比べてもかなり厳しかった。ビジネス関係者や技能実習生が入国できず、日本経済に深刻な打撃を与えたとの不満が経済界に充満した。同様に怒りの声を上げ始めたのが大学だ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。