ロシアの増長招いた「ドイツの失政」

欧米勢が一斉に手を引く中、日本だけがサハリンからの資源輸入を続けられるのか。

2022年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

ロシアによるウクライナ軍事侵攻は、東西冷戦終結後の国際秩序を根底から揺さぶり、武力攻撃を命じたプーチン大統領は国際社会から激しい非難を浴びている。独立国家に対する侵略行為は到底許されるものではないが、そうしたロシアの増長を招いたのが、エネルギーをめぐるドイツの決定的な失政だ。

「自滅的なエネルギー敗戦」

「再生可能エネルギー大国」として世界の脱炭素を牽引するドイツは、風力と太陽光を中心に再生エネが電源の4割を占める。一方で再生エネの発電変動を調整する火力発電は、ロシア産天然ガスへの依存を強めた。ドイツの命綱を握ったロシアが西側諸国の対応を見誤り、それが軍事侵攻につながった。「日本が欧州に融通できる液化天然ガス(LNG)はほとんどない。とくにロシアのウクライナ侵攻で国際市況は急騰していて、各社とも自分の在庫を掻き集めるのに精一杯だ」国内エネルギー大手首脳はこう漏らす。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。