日本金融の汚点! マレリ破綻の「A級戦犯」

負債総額は1兆1300億円。「民事再生ADR」成立の目処が立っておらず、法的整理に追い込まれる可能性も。

2022年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3月7日午前、東京・竹橋にあるオフィスビル2階の貸しホールは剣呑な空気に包まれていた。ひな壇に座ったのは、世界有数の自動車部品メーカー、マレリホールディングスの経営陣やアドバイザー。向かい合ったのは取引金融機関26社の営業・審査担当者らである。マレリの事実上の経営破綻を意味する「事業再生ADR」適用に向けた第1回債権者集会である。負債総額は1兆1300億円。メインバンクのみずほ銀行のほか、メガバンクや政府系金融機関、地銀に加え、中国などの銀行も残高を持つ。破綻規模は製造業として過去最大で、2017年に民事再生法を申し立てたタカタの負債1兆800億円を超える。しかも、申請したADR成立の目処がまったく立っておらず、「法的整理に追い込まれる可能性も低くない」(取引銀行役員)というのだから、銀行団に緊張感が漂うのも当然だ。

銀行団に渦巻く不信感

そもそもADR成立には、取引金融機関全社の合 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。