日興株価操縦の背後に三井住友銀行/「銀証連携」の暗部/メガバンクの「優越的地位の濫用」にメスは入るか

号外速報(3月8日 09:50)

2022年3月号 BUSINESS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

東京地検特捜部は3月4日、三井住友FG(SMBCグループ)の完全子会社であるSMBC日興証券のヒル・トレボー・アロン(51)エクイティ本部本部長、アバキャンツ・アレクサンドル(44)エクイティ本部副本部長、山田誠(44)エクイティ部長、岡崎真一郎(56)エクイティ・プロダクト・ソリューション部長の4人を「ブロックオファー」に関わる相場操作の金融商品取引法違反容疑で逮捕。同日夜には東京丸の内の新丸ビルにあるSMBC日興本社に家宅捜索が入った。これに先立ち(昨年6月)、証券取引等監視委員会(SESC)が、相場操縦の疑いで同社本社を強制調査していた。

グループ連携への「貢献」に躍起

容疑者のうちのひとり、山田氏は、Bloomberg(2017年5月25日)によると、米カルフォルニア大学バークレー校でコンピューターサイエンスを学んだ後、ゴールドマン・サックス(GS)に入社。オプションやデリバティブなどの自己勘定取引を行う ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。