スクープ! 売上収益1・4兆円の飯田GHDで「損失飛ばし」疑惑/中核「飯田産業」社長が突如辞任

号外速報(1月23日 16:00)

2022年2月号 BUSINESS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

売上収益1・4兆円を誇るパワービルダー最大手、飯田グループホールディングス(以後、飯田GHD)の深部で「某重大事件」が進行している。兆候ともいえる動きがあったのは昨年12月7日のことだ。取締役陣の1人である千葉雄二郎氏(67)が突然辞任したのがそれだ。理由は一身上の都合とされた。千葉氏は東京大学を卒業して安田火災海上保険に入社。飯田GHD傘下の中核企業、飯田産業には1999年に社長室長として中途入社した。以後、2002年に執行役員、04年には取締役とトントン拍子に出世。経営企画部長などを歴任し、管理畑を一貫して歩むこととなる。そして19年4月に社長へと昇格。同年6月には持ち株会社である飯田GHDの取締役ともなった。今回、千葉氏は飯田GHDの取締役とともに飯田産業の社長職も辞任している。この突然の辞任劇の背景として一部で囁かれ始めた「損失飛ばし」疑惑がある。

疑惑の核心「ウィンコーポレーション」

………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。