新聞離れ 5年間で1千万部が消えた!

新聞発行部数4年連続で200万部超の大幅な減少。地方紙も普及率低下で強い危機感。

2022年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

コロナ禍が収まらない中、日本新聞協会が2021年末に公表した新聞総発行部数(同年10月現在、加盟日刊113紙)は3302万7135部で、前年に比べ206万4809部、5.9%の大幅な落ち込みとなった。200万部を超える減少は4年連続で、この5年間で1千万部が失われたことになる。その前の10年間では900万部超のマイナスだったことを考えると、読者の「紙離れ」に加速度がついてきたと言えよう。一方、日本ABC協会がまとめた21年11月現在の日刊紙の総販売部数も2912万9102部と、前年同月比170万1499部、5.5%の減少となった。全国紙が全体の減少分の7割超を占めるが、主な地方紙も落ち込みが続いて普及率が低下し、危機感を強めている。新聞協会によると、発行部数は1997年の5376万部(千部以下切り捨て、以下同)をピークに20数年にわたって低落傾向が続いている。当初はなだらかな減少で、06年(5231万部)までの9年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。