統計の改竄 大罪犯した自覚なき「国交官僚」

政府が統計を軽んじ、国の実態から目を背ける限り、国民もまた政府を信用することはできない。

2022年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

昨年のNHKA大河ドラマ「青天を衝け」は、近代資本主義の父、渋沢栄一が主人公だったが、ドラマの中で思わぬ人気を呼んだのが大隈重信だ。最後の将軍・徳川慶喜を支えた渋沢の能力を高く評価し、新政府に引き入れて改革を委ねたのが大隈だった。明治から大正に首相を2度務め、早稲田大学の創立者として知られる大隈は、「統計伯」とも呼ばれた。統計院の創設を政府に建議し、現代に続く国勢調査の名付け親でもある。大隈は欧米列強に伍して近代国家を築くには、国の内情を正確に把握する統計の重要性を誰よりも理解していた。その大隈が知ったら大いに嘆く事態が起きている。国土交通省が所管する「建設工事受注動態統計」をめぐり、建設業者から回収した調査票を改竄していただけでなく、受注が二重に計上されていた重大な不正が発覚した。この統計は国民経済計算にも使われており、日本のGDP(国内総生 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。