連載 病める世相の心療内科

循環型世界のヒント「日本酒製造法」

2022年2月号 LIFE [病める世相の心療内科(61)]

  • はてなブックマークに追加

コロナの蔓延の初期に、医療機関は消毒用のアルコールが手に入らない事態に直面した。そこで厚労省も酒造メーカーの作った一定の濃度以上のアルコール飲料を消毒液とすることを許可した。早速、日本酒に少々アルコールを足して作った酒造会社製の消毒液が売り出された。単位当たりの値段はちょっとしたウイスキー並みに高かったが、私のクリニックでも手に入るだけ買い込んだ。数カ月して、どうやら、十分な量の消毒用アルコールが手に入るようになって、必要のなくなった酒造会社の消毒液が余りだした。そもそも、日本酒は発酵酒としては最も高いアルコール濃度にできあがるため、少しアルコールを足せば立派に消毒液になるはずで、言い換えれば、日本酒が元であるから飲めるはずだとふんだ。使用中もいい匂いを立てていた。まだ、コロナが収束を見せていないので、心なしか、後ろめたかったが、試しに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。