軽量「十倉経団連」の学級崩壊

みずほFG佐藤は自粛1カ月。三菱電機柵山も粘った。けじめを付けられぬ老害集団。

2022年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

度重なるシステム障害などで、みずほ銀行が金融庁から業務改善命令を受けた。経営責任を明確にするよう求められた親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)が首脳3人の更迭に踏み切ったのは周知の通りだ。直後にFG会長の佐藤康博(69)は兼務する経団連副会長の活動自粛を発表したのだが、辞任しない上に自粛期間がわずか1カ月であることに誰もが仰天している。財界内では「舐めている」と憤懣やる方ない向きもあるが、「クビに鈴を付けられない経団連は学級崩壊だ」と“軽量会長”の十倉雅和(70)の資質を改めて問う声も飛び交っている。「みずほ銀ATM、振り込み不具合」。2021年大晦日の新聞各紙にこんな見出しの小さな記事が掲載された。記事によると、12月30日午後3時半頃から約1時間、同行のATMやインターネットバンキングで他行宛の振り込みが出来なくなり、この間に受け付けた2700件のうち約30 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。