横浜「花博」開催は風前の灯

新交通システム「上瀬谷ライン」の開業断念。逆スパイラルの原因は、菅前首相の「凋落」。

2022年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

横浜で2027年3月から半年間の予定で行われる国際園芸博覧会(花博)が迷走している。広大な跡地利用のテーマパークが決まらず、それに伴い、新交通システム「上瀬谷ライン」の開業は、花博開催に間に合わないことになった。花博は、90年、大阪で開かれた「国際花と緑の博覧会」に続く国際博覧会で、「花」「緑」「農」「食」「大地」などをキーワードに園芸空間を演出、来場者約1500万人を見込んでいる。だが、現段階で「開催」を意識している人は少なく、盛り上がりに欠ける。上瀬谷ラインの開業断念はその象徴だが、そこに横浜を仕切ってきた菅義偉前首相の「凋落」を感じる人は少なくない。山下埠頭での横浜IR(カジノを含む統合型リゾート)失敗に続くプロジェクト迷走の原因は、どこにあるのか。

車両が「鉄くずの塊」になる

花博の会場は、横浜市の瀬谷区と旭区にまたがる米軍の上瀬谷通信施設跡地。東京ドーム約50個分、24 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。