なんだと! SB社長を怒鳴った「総務審議官」

接待問題でお鉢が回ってきた総務審議官が蛮勇。旧郵政省出身官僚の質低下の一端だ。

2022年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「なんだと」。「そっちこそなんだ」昨年11月30日、総務省内の会議室で怒号が飛び交った。総務省関係者によると、総務審議官の竹内芳明とソフトバンク社長の宮川潤一が今にも取っ組み合いの喧嘩を始める勢いで罵りあったという。

「アメとムチとはなんだ」

この日は携帯電話用の周波数について、より高い金額を提示した企業へ割り当てを行うオークション方式の導入に向けた有識者会議が開かれた。会議には事業者側から楽天モバイル社長の山田善久も出席。会議終了後に山田ら楽天関係者が退出し、宮川らソフトバンク関係者と総務省関係者だけになった際に冒頭の場面になった。その伏線は会議の中にあった。宮川が「事業者はいろんな値下げをして(国から)たくさんのムチをもらいましたが、アメ玉も欲しいところです」と発言した。前首相の菅義偉が進めた携帯電話料金の「官製値下げ」で協力し収益が減ったことに不満をぶつけ、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。