舞い上がった連合初女性会長に「大ブーイング」

注目を集める一方、組織内の評価は散々。「振り回されるばかり。いい加減にしてほしい」(連合幹部)

2022年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ミシンメーカー「JUKI」出身の芳野友子氏が連合初の女性会長に就いてから3カ月。労働界の「ガラスの天井」を打ち破って注目を集める一方で、組織内の評価は散々だ。ある連合幹部はため息交じりに語る。「振り回されてばかり。いい加減にしてほしい」低評価の理由はその発言の奔放さにある。昨年の衆院選後のBSテレ東の番組では、立憲民主党と国民民主党の関係に関して「合流を今後も求めていきたい」と発信。立憲との合流に慎重姿勢を見せる民間産別から猛反発を招いた。そもそも連合として両党に合流を求める方針など定めていない。連合の衆院選総括には「立憲・国民民主と連合の3者が十分に政策を共有して連携し、力を合わせることが何より重要だ」との文言が記された。芳野氏の発言が勇み足だったことを示す証左である。日本維新の会との関係を巡る発言も物議を醸した。産経新聞のインタビューでは維 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。