コロワイド創業者を嵌めた「M資金詐欺」の黒幕

武藤薫被告は遅くとも02年頃にはM資金の世界に棲息していたらしい。公判では無罪を主張。被告人質問では何を語るのか……。

2022年2月号 BUSINESS [「MI6」の元スナイパー]

  • はてなブックマークに追加

「この人です」昨年11月11日、横浜地裁101号法廷。証人席の蔵人金男(くろうどかねお)氏はそう言い、右斜め前でうずくまるように座る武藤薫被告(67)を指さした。いつものように武藤被告は黒ジャンパーに黒ズボン姿。白髪が目立ち、眼鏡をかける。やせ型で身長は170㎝余りか。「目眩がして、すみません」――。体調が優れないのか、裁判長にそう訴える場面もあった。顔かたちは鮮明に覚えているようだが、蔵人氏は逮捕時まで武藤被告の本名を知らなかった。英国情報機関MI6の元スナイパー「マック・アオイ」を名乗っていたからだ。「内臓が抉られるように苦しい。1分1秒も早く(被告を)ブタ箱に入れてほしい」蔵人氏は改めて怒りがふつふつと沸いているのだろう。何しろ30億円以上ものカネを1人の男にまんまと騙し取られたのである。外食大手コロワイドの創業会長が餌食となった今回の事件は一種の「M ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。