「売掛」や「敷金」まで担保に取られた西友/かつてのダイエーの末路を想起

号外速報(1月10日 15:00)

2022年1月号 BUSINESS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

大手スーパーの西友は一昨年11月、官報で株式会社に組織変更すると公告した。2008年、米ウォルマートの買収により上場廃止となり、翌年「合同会社」に組織変更していた経緯がある。21年3月、ウォルマートは出資比率を15%に引き下げ、米大手投資ファンドのKKRが65%、楽天グループが20%という3社相乗り体制となった。合同会社のままでは株式市場に上場できないため、組織変更は「再上場への布石」と見られるが、「むしろ足元がぐらついている」(業界関係者)。

「債権保全」の動きが表面化

楽天との合弁会社で手掛けるネットスーパーの事業化にてこずる一方、取引銀行団による債権保全の動きが表面化するなど前途多難との見方が、業界筋に広がっているからだ。銀行団の動きとは、昨年9月に登記された債権譲渡を指す。「登記事項概要証明書」によれば、譲受人は三井住友、三菱UFJ、みずほ、楽天銀行の4行連名で、登記は二 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。