黙り込む「尾身分科会」/JCHOの「幽霊病床」で信頼失墜/「医療ムラ」に背を向ける岸田政権

号外速報(12月14日 07:40)

2022年1月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

「この感染症は自滅したのではないか」そんな楽観論すら出ていた空気が一変した。新型コロナウイルスの新変異「オミクロン株」の出現によって、だ。海外で感染者急増が相次ぎ、現下の主流「デルタ株」と同等か、より強い感染力を持つ。重症者が「それほど確認されていない」との報道もあるが、新変異株の流行はもはや不可避。甘く見るのは間違いだ。

できっこない「ロックダウン」叫ぶ

 決断力があるように見えない岸田文雄首相だが、オミクロン株出現に早々と「全外国人の新規入国禁止」を打ち出し、世間の受け止めは上々。対照的に冴えないのは尾身茂氏が率いる新型コロナウイルス感染症対策分科会だ。菅義偉前政権における鋭い舌鋒は影を潜め、音沙汰がない。「幽霊病床」への甘い対応などが祟り、世間からソッポを向かれる有り様だ。 尾身分科会の躓きは21年夏のコロナ「第5波」対応から始まった。国内全域でデルタ株が猛威をふる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。