世界秩序の分岐点! 露軍「ウクライナ侵攻」の瀬戸際

プーチンのウクライナ奪還と習近平の台湾統一の野望は重なる。呼応するように台湾などへの威嚇行動を強めてきた。

2022年1月号 POLITICS [世界秩序の分岐点]

  • はてなブックマークに追加

ロシアのウラジーミル・プーチン政権がウクライナとの国境周辺に10万人規模の軍を集結させ、新たな侵攻に乗り出すとの懸念が高まっている。アメリカ大統領ジョー・バイデンはプーチンとオンライン会談し、侵攻すれば強力な経済制裁を発動すると警告した。アメリカの抑止は果たして効くのか。アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンによる首都カブール制圧を許したアメリカ軍撤退の混乱直後の9月、ウクライナの首都キエフである会議が開かれた。ロシアの侵攻に直面し、アメリカの支援に頼るウクライナでも動揺が広がるなか、会議に出席していたアメリカ国家安全保障局(NSC)の元幹部が取材に対してこう語った。「率直に言って、ロシアがウクライナに侵攻しても、アメリカが軍事的にロシアと対峙する可能性はゼロだ」中国が台湾を攻撃した場合はどうか。「軍を投入する確率は8~9割だろう」そして ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。