国への冒瀆! 「安倍3度目」は ヤンキーの戯言

最高権力の座は蜜の味だろうが、もはや3度目のストレスに耐えられまい。真っ当に生きて欲しいものだ。

2022年1月号 POLITICS [「スネ夫」になるぞ!]

  • はてなブックマークに追加

今、永田町では、安倍晋三君を「令和のキングメーカー」と呼ぶそうだ。確かに9月の自民党総裁選では、岸田文雄首相の対抗馬に高市早苗君を担ぎ、多くの支持を集めて隠然たるパワーを見せつけた。その後も、岸田首相の党3役・閣僚人事にも口を挟み、今では最大派閥「清和会」の会長の座に収まった。3度目の再登板に期待を寄せ、すり寄る議員が少なくないようだ。おかしくないか。そもそもコロナ禍の緊急対応から逃げ出したリーダーではないか――。「安倍一強」などと持ち上げられていたが、PCR検査を増やせず、ワクチンの調達も遅れ、批判が高まったら体調を崩して首相の座を放り投げた。しかも2回目だ。かかるストレスに弱いリーダーを3度も担ごうとする人たちの気が知れない。筆者は本誌2021年8月号で、悪質な「忖度」の横行を許した安倍君を糾弾できなかった政治記者たちを「弱虫けむし」と憐れんだ。2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。