トヨタSUVに「1600万円」が付いた!

半導体不足で納車が2年待ち。オークションでトヨタ製SUVに1600万円の値がついた。通常の倍以上という異常事態だ。

2022年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車の人気SUV「ランドクルーザー300」の新車が11月26日、中古車競売大手のユー・エス・エス(本社・愛知県東海市)が運営するオークションに出品され、新車価格の3倍近くとなる1600万円で競り落とされたことが業界で話題になっている。「ランドクルーザー300」の新車価格は510~800万円。21年8月に14年ぶりにモデルチェンジされたばかりだが、半導体不足の影響で、製造しているトヨタ車体吉原工場が10月には11日間生産停止に追い込まれるなど供給が滞っている。納車には2年近くがかかるといわれ、中古車価格が高騰、新車を買った人が転売したとみられる。個人が転売するだけではなく、転売業者も現れているようだ。半導体不足による減産で新車を求める消費者が中古車に流れ、国内の中古車価格は過去最高水準の状態にある。価格の高騰は国内市場に限った話ではなく、世界的な傾向だ。日本メーカ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。