死ねずに彷徨う「東芝の悲劇」

東芝が発表した「3分割案」を巡り、22年3月までに開く臨時株主総会は大荒れ必至。

2022年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

東芝の大株主でシンガポール拠点の資産運用会社、3Dインベストメント・パートナーズは11月24日、東芝が11月12日に発表した「3分割案」を「支持しない」とする書簡を東芝の取締役会宛に送った。3Dを筆頭に東芝の発行済み株式の過半を握ると見られる「物言う株主」が不支持で足並みを揃えれば、分割案は臨時株主総会で否決され、東芝再建は振り出しに戻る。死ぬに死ねない東芝は冥界を彷徨い続けることになる。

一度死んで再生した日航

「あそこで一度死んでおけば、楽になったはずなんだよ」東芝における会社と株主の泥試合が続く中、大型の再生案件をいくつも手がけてきた大物弁護士はこう呟いた。「死んでおけば」とは「法的整理」、すなわち会社更生法か民事再生法の適用を申請しておけば、という意味である。そして「あそこ」とは2017年12月。東芝が約6千億円の第三者割当増資を実施したタイミングだ。新株の発行数は発行 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。