新興ホテルチェーン「リブ・マックス」に黄信号

取引先や不動産オーナーへの支払いが遅れ、 業界筋で資金繰りの懸念が囁かれている。

2022年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

新興ホテルチェーンのリブ・マックス(東京・赤坂、有山憲社長)の資金繰りが懸念されている。リブ社は1998年に不動産仲介会社として兵庫県芦屋市で設立。事業拡大に伴い2012年に都内に本社を移した。ホテル事業はビジネスとリゾートで計166店を展開しており、もう一つの柱であるマンスリーマンション事業は運用戸数7600戸に達する。不動産管理事業の管理戸数も2万1千戸に及び、このほか飲食事業など多角化を進め、未上場ながらグループ全体の売上高は552億円(2021年6月期)。ホテルやマンスリーマンションの新設を加速してきたところへコロナ禍の直撃を受け、20年6月期の売上高は266億円(前期比4.5%増)にとどまり、9億6千万円の営業赤字に転落。21年6月期の売上高は1割減の238億円となり、前の期と同程度の営業赤字となった。「2期連続赤字により自己資本比率が5%に下がり、財務体質が悪化してい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。