FBと米メディアは「五十歩百歩」

米メディアがフェイスブックのSNS運用姿勢を猛攻撃。だが批判できる立派な存在なのか。

2021年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「今から当社はSNS(交流サイト)のフェイスブックではなく、メタバースを最優先にする」。米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)がこうぶち上げたのは10月28日のことだ。ネットで開いた開発者会議の席上、社名を「メタ・プラットフォームズ」に変更すると発表した。

WSJ記者が怒って退席

語源となったメタバースは三次元の仮想空間のこと。ゴーグル型の端末などを着用し、アバターと呼ぶCGで作成した分身を使ってゲームで遊んだり友人と交流したりできるという。会議ではザッカーバーグ氏自身のアバターも何度にもわたり登場させ、明るい未来をPRした。だが、お祭りムードとは程遠い場面が冒頭にあった。「今は未来に目を向ける時期ではないという方もいると思うが……」。ザッカーバーグ氏が神妙な表情で説明せざるを得なかったのは、米国で1か月余りにわたって同社の暗部に焦点を当てた報道が相 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。