医系技官・感染症ムラと戦う岸田首相に切望す!/医療ガバナンス研究所 上昌広

新政権のコロナ対応は、筆者の期待以上。安倍・菅政権と違い「幽霊病床」に切り込み、経口薬「モルヌピラビル」確保にも成功。

2021年12月号 LIFE [待ったなし!]

  • はてなブックマークに追加

10月31日、総選挙が行われ、自民党は261議席を獲得した。全ての衆院常任委員会で委員長ポストを独占し、全委員会で過半数の委員を確保できる絶対安定多数を得た。来夏の参議院選挙を乗り切れば、岸田政権は長期政権となる公算が高い。岸田政権には、新型コロナウイルス(以下、コロナ)対策を方向修正すると共に、腰を据えて、我が国の感染症対策を、21世紀の現状に即したものに改革してもらいたいと切望している。喫緊の課題は、来るべき第六波対策だ。筆者が重視するのは、病床確保、検査体制の拡充、経口治療薬確保、ワクチン追加接種、空気感染対策の徹底だ。いずれも安倍・菅政権で十分な対応ができなかった課題ばかりだ。岸田政権発足から1カ月が経過したが、ここまでの対応は、筆者の期待以上だ。例えば、病床確保だ。岸田政権は「幽霊病床」問題に切り込んだ。厚労省傘下の独立行政法人は、コロ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。