「第6波」は必ず来る! 岸田総理に「三つの課題」/医療ガバナンス研究所 上昌広

三密対策から空気感染対策への転換、ワクチン追加接種の可及的速やかな開始、経口治療薬モルヌピラビル確保が急務!

2021年11月号 LIFE [「お手並み」拝見]

  • はてなブックマークに追加

新型コロナウイルス(以下、コロナ)との戦いが「クライマックス」を迎えようとしている。それは、今冬、過去最大の流行を経験することになるからだ。コロナの流行には季節性がある。オックスフォード大学が提供する「Our World in Data」によれば、2021年に入り、世界の感染者数のピークは1月11日、4月26日、8月26日だ。日本は1月11日、5月14日、8月25日。世界も日本も、冬、春、夏と、ほぼ4カ月ごとに流行を繰り返している。今冬も流行すると考えるのが自然だ。問題は、夏と比べ、冬の流行の規模が大きいことだ。昨冬の日本の感染者数のピークは人口100万人あたり51.1人(21年1月11日)で、昨夏(11.0人、20年8月9日)の4.6倍だった。冬に感染が拡大するのは、新型コロナに限らず、コロナウイルス属に共通する傾向だ。国立感染症研究所は「(季節性コロナは)5年間の平均報告数では、夏季(7~10月) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。