カンボジアで「未来の金融」「リネット・ソラミツ」連合

日本のベンチャーがカンボジアでデジタル通貨に取り組むのはなぜか。「中国でも米国でもない」という日本の妙味がある。

2021年11月号 BUSINESS [黒田武志&武宮誠の勇躍]

  • はてなブックマークに追加

米ドルを駆逐し、中国のデジタル人民元の流入を食い止める。急成長中の途上国、カンボジアが「通貨の主権」を取り戻すために選んだパートナーは日本のベンチャー企業だった。東京五輪の「リサイクル金メダル」で名を挙げた都市鉱山ベンチャーの「リネットジャパングループ」(名古屋市)と、ブロックチェーン(分散型台帳)を得意とする日本発のフィンテックベンチャー、「ソラミツホールディングス」(スイス)。両社は国際協力機構(JICA)と組み、カンボジア中央銀行とデジタル通貨「バコン」を共同開発し、その普及を目指す。日本のベンチャーがカンボジアでデジタル通貨に取り組むのはなぜか。根底には「中国でも米国でもない」という日本の妙味がある。「カンボジア政府には、デジタル通貨で金融政策の主導権を取り戻したい、という思いがある」9月14日、「バコン」の開発・普及事業について説明 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。